【速報】ホテルやショッピングモールなど閉鎖が延長へ – ポーランド発表

アダム・ニエジェルスキ保健大臣が14日、新型コロナウイルス対策の制限措置情報の更新について、会見を行いました。

目次

コロナの状況

新型コロナウイルスによる死者が増え続けており、多くの人工呼吸器や病院のベッドが使用されています。

  • 人工呼吸器使用率:78.94パーセント
  • ベット使用率:75.71パーセント

新たな制限措置情報

4月19日から

  • 保育園・幼稚園の再開
    4月19日から利用できます。
  • スポーツ施設の制限緩和
    ポーランドのスポーツ協会が主催するスポーツ大会に若者や子供が参加可能
    屋外スポーツ施設でのスポーツも、最大25人まで可能
    他のスポーツ施設(ホール、屋内スポーツ場など)の活動は、(以前と同様に)プロスポーツに限定
    ※ジム、フィットネスクラブ、スイミングプール、サウナ、ソラリウムなど室内スポーツ施設は閉鎖延長


5月3日までに延長

  • ホテルや宿泊施設の閉鎖
    例外:医者、道路輸送を行う運転手、または兵士、その他


4月25日まで閉鎖延長

  • ショッピングモールの閉鎖
    ※食料品店、薬局、ドラッグストア、プレスサロン、書店を除く
  • 美容院の閉鎖
    閉鎖
  • 宗教施設の人数制限
    20㎡あたり1人
    ※1.5mのソーシャルディスタンスを保つ必要があります。
  • 市場または商業施設の人数制限
    100㎡までの店:15㎡あたり1人
    100㎡以上の店:20㎡あたり1人
  • 学校のオンライン授業
    小学校、中等学校のすべての学年の学生、継続教育機関および職業訓練センターの学生はオンライン授業
  • 劇場、映画館、美術館、アートギャラリーの閉鎖
    閉鎖
  • 大型家具および建設店は閉鎖
    2,000m2を超える大型家具および建設店

19日より適用されるすべての制限措置まとめ

移動制限

1.5メートルの歩行者間のソーシャルディスタンス


※以下はこの義務から除外されます

  • お世話が必要な子供を持つ親子(13歳まで)
  • 同棲している人や農場を経営している人
  • 障害者証明書、障害者学位証明書、特殊教育の必要性証明書を持っている人、自立して動けない人とその保護者
  • 口や鼻をマスクで覆う人

公共の場所で口と鼻をマスクで覆う義務


鼻と口をマスクで覆う義務。

※スカーフ、バイザー、皿は、本来の機能を果たさないため、つまりウイルスから保護されないため、許可されていません。

詳しくはこちらの記事をご覧ください!

https://tabimatch.com/2021/04/13/poland-mask/

検疫

この制限は、次のような人に適用されます。

  • EUの国境であるポーランド共和国の国境を越える*、
  • シェンゲン圏からポーランド共和国の国境を越え、
  • コロナウイルスに感染した人と接触し、感染した(孤立した)人と暮らしていた、
  • プライマリーまたはナイトケアの医師によってCOVID-19検査のために紹介されました。

シェンゲン圏からポーランドに来る旅行者のための規則

  • 旅行者は、COVID-19の検査で陰性でない限り、隔離されます。テストは国境を越える48時間前までに実施する必要があります。
  • テストタイプ:PCRまたは抗原性。
  • このソリューションは、すべての輸送手段をカバーします。集合的および個別の輸送だけでなく、徒歩で国境を越えることもできます。
  • ポーランドで検疫された旅行者はテストを受けることができ、その否定的な結果は彼らを検疫から解放します。

シェンゲン圏外からポーランドに来る旅行者のための規則

  • 各旅行者は隔離されます。
  • その人の出身国で実施された検査は、検疫から解放されません。
  • 検疫された旅行者はポーランドで検査を受ける可能性があり、その否定的な結果は彼らを検疫から解放します。
  • テストタイプ:PCRまたは抗原性。

重要!COVID-19の予防接種を受けた人々は、検疫から解放されます。これは、欧州連合で認可されたワクチンの予防接種証明書を発行された人に適用されます。

ポーランド共和国の国境を越えた後に検疫から解放された国境警備隊のウェブサイトをチェックしてください。

どんな内容ですか?

適用される規則は以下に適用されます。

  • 検疫(感染への暴露による健康な人の隔離);
  • 隔離(最初のSARS-CoV-2診断テスト結果が陽性である人の隔離)。

患者がCOVID-19の症状を発症していない場合、自宅隔離は10日間続きます。

自宅隔離中にコロナウイルスの症状が現れた場合、かかりつけ医は隔離を延長することを決定し、症状が現れてから13日以内にその終了が行われない場合があります。

病院の隔離と隔離の場合、隔離の終了を決定するのは患者の世話をする医師です。その終了は、症状の発症の日から13日より早くすることはできず、最後の3日間は病気の症状がない必要があります。

検疫:

COVID-19の症状が発生しなかった場合、検疫は10日間続きます。検疫で無症候性の人々をテストすることは放棄されました。

コロナウイルスに感染した人と直接接触したことがない場合、検疫に送られることはありません。施行されている法律に従い、検疫中の人と同居している人は検疫されなくなりました。

SARS-CoV-2ウイルス(陽性検査結果)に感染した人と同居している人は、陽性検査結果が得られた日から感染者の隔離終了後7日まで検疫を受ける義務があります。  

検疫を受ける義務は、開業医には適用されません。12月28日から、COVID-19の予防接種を受けた人に対しても強制検疫を行う必要がなくなります。

この期間中:

  • 家を出ることはできません、
  • 犬の散歩、店への行き、医者への行きは禁じられています、
  • 病気の症状(倦怠感、発熱、咳、息切れ)の場合は、クリニックに連絡し、一般開業医とのテレポートを手配してください。

重要!パトロールの一環として、警察は検疫中の人々を訪問し、彼らが居住地に留まっているかどうかを確認します。規制は、最大30,000ズウォティの金銭的ペナルティを課す可能性を規定しています。検疫に従わない人々のためのPLN。罰金の具体的な金額に関する決定は常に個別です。

注意!検疫は、プライマリーまたはナイトケアの医師から紹介された検査(塗抹標本の場所と自宅への道)の間中断されます。11月28日から、医師との面会が必要な場合を含め、検疫または隔離が停止されます。このような状況では、Sanepidに報告する義務はありません。

検疫および隔離ルールの詳細は、規則に記載されています。

有効期限:2021年4月25日

社会生活

文化的イベント-制限


美術館やアートギャラリー

  • コレクションを密室で利用できるようにすること、および一般の人々の参加を得てイベントを開催することの禁止
  • 野外でスペースやコレクションを共有し、オンラインイベントを開催する可能性

劇場、オペラ、フィルハーモニー

  • 観客参加によるすべてのイベントの中断
  • オンラインイベントを開催する可能性
  • リハーサルやエクササイズ、蓄音機や視聴覚録音など、芸術的なイベントを準備するために必要な活動を実施する可能性

映画館

  • 映画館や屋外での一般市民の参加による映画やビデオ録画の投影に関連する活動の禁止

家と文化の中心地

  • 教育活動、映画上映、コンサートやオープニングパーティーの開催など、観客の参加に関連する活動の禁止
  • 遠隔コミュニケーションの手段を使用して教育活動を実施する可能性
  • オンラインイベントを開催する可能性
  • 組織化されたアートグループによるリハーサルやエクササイズ(芸術イベントの準備に必要)などの活動を実施する可能性

ライブラリ

  • 図書館員を除き、15m²あたり1人以下の場合、コレクションを共有する可能性 図書館に入る前に、人数の制限に関する情報を投稿する必要があります

有効期限:2021年4月25日

公共交通機関


限られた数の人々が公共交通機関で旅行することができます。全国的に、公共交通機関では、次の人よりも多くの人を同時に輸送することはできません。

  • 座席数の50%、どちらか
  • 座席と立位の総数の30%、車両の座席の少なくとも50%を空けておきます。

有効期限:2021年4月25日

宗教的なお祝い


教会の人々の限界があります-最大。20 m2あたり1人、距離を1.5m以上に保ちます。

重要!寺院や礼拝所では、礼拝する人を除いて、口と鼻を覆うことが義務付けられています。

有効期限:2021年4月25日

ミーティングとミーティング


最大 5人。参加者は、鼻と口を覆い、他の人から1.5m離れている必要があります。さらに、集会間の距離は100m以上でなければなりません。

自宅で開催されるイベントや会議には、最大5人が参加できます。この制限には、パーティーに招待する人と、この人と一緒に住んでいる、または管理している人は含まれません。

注意!5人以上の集会の禁止は、学校の競技会、8年生の模擬試験、および学士号には適用されません。

集会や集会の開催規則に関する詳細は、条例に記載されています。

有効期限:2021年4月25日

結婚式、聖体拝領、慰め、その他のお祝いやイベント


そのようなイベントを開催することは禁じられています。

有効期限:2021年4月25日

ダンスに利用できるナイトクラブ、ディスコ、その他の場所


そのような場所は運営を禁じられています。例外は次のとおりです。スポーツダンスクラブ。

有効期限:2021年4月25日

見本市、展示会、会議、会議


見本市、展示会、会議、会議はオンラインでのみ開催できます。

有効期限:2021年4月25日

ケアと教育

教育


小学校、中学校、継続教育機関、職業訓練センターのすべての学年の生徒が遠隔地で学習します。

有効期限:2021年4月25日

国境と国際的な動き

ポーランドの国境


シェンゲン圏からポーランドに来る旅行者のための規則

  • 旅行者は、COVID-19の検査で陰性でない限り、隔離されます。テストは国境を越える48時間前までに実施する必要があります。
  • テストタイプ:PCRまたは抗原性。
  • このソリューションは、すべての輸送手段をカバーします。集合的および個別の輸送だけでなく、徒歩で国境を越えることもできます。
  • ポーランドで検疫された旅行者はテストを受けることができ、その否定的な結果は彼らを検疫から解放します。

シェンゲン圏外からポーランドに来る旅行者のための規則

  • 各旅行者は隔離されます。
  • その人の出身国で実施された検査は、検疫から解放されません。
  • 検疫された旅行者はポーランドで検査を受ける可能性があり、その否定的な結果は彼らを検疫から解放します。
  • テストタイプ:PCRまたは抗原性。

COVID-19の予防接種を受けた人々は、検疫から解放されます。これは、欧州連合で認可されたワクチンの予防接種証明書を発行された人に適用されます。

国境警備隊のウェブサイトをチェックして、誰がポーランドに入国できるかを確認してください。

重要!現在、航空交通の禁止はありません。

有効期限:2021年4月25日

国際鉄道交通

ポーランドとの国境を越える鉄道輸送の乗客の移動は停止されています。

有効期限:2021年4月25日

経済

ショッピングセンターと大規模なエリアストア


2,000m2以上の面積を持つ大型家具および建設店は閉鎖されています。

ショッピングセンターとモールは、食料品店、薬局、ドラッグストア、プレスサロン、書店を除いて、閉鎖されたままです。

さらに、市場または郵便局の商業施設の人々には新しい制限があります。 

  • 15m2あたり1人-100m2までの店舗で、
  • 20平方メートルあたり1人  -100平方メートル以上の店で。

お客様は使い捨て手袋を着用するか、手の消毒剤を使用する必要があります。

有効期限:2021年4月25日

レストラン


固定レストランの営業は禁止されています。持ち帰り・宅配のみ可能です。

有効期限:2021年4月25日

ホテルレストラン


国の規則:

ホテルのレストランは休業しており、食事は客室でのみ提供できます。

有効期限:2021年5月3日

美容院と化粧品店


美容院、美容院、化粧品店はポーランド全土で禁止されています。

有効期限:2021年4月25日

ホテル


ホテルは休業です。例外は、とりわけです 労働者のホテル、および出張の一部として提供される宿泊施設(出張の必要な確認とともに例外の正確なカタログは規則に記載されています)。

有効期限:2021年5月3日

スポーツとレクリエーション

ジム、クラブ、フィットネスセンター、スイミングプール、アクアパーク、スキー場


閉鎖されています:

•スイミングプール、フィットネスクラブ、ジム(オリンピックおよびパラリンピックスポーツのポーランドスポーツ協会の患者または代表チームのメンバーを対象としたものを除く)
•サウナ、サンルーム、トルコ式バス、痩身サロン、カジノ
•スキー場。
•スポーツ施設(プロスポーツの目的でのみ運営でき、一般の人々の参加なしに運営できます)。

大会、スポーツ活動、イベントのみを開催することができます。

  • プロスポーツの場合、スポーツ奨学金を受けている選手、代表チーム、オリンピックチーム、またはパラリンピックチームのメンバーであり、プロリーグ内でスポーツを練習している選手
  • 聴衆の参加なし
  • 次のような適切な衛生規則があります:更衣室、衛生設備、スポーツ用品および設備の消毒、手の消毒剤の入手可能性、出入りの間隔を15分にする

有効期限:2021年4月18日

2021年4月19日以降。子供と青年は、関連するポーランドのスポーツ協会が実施するスポーツ競技会に参加することが可能になります。

また、屋外スポーツ施設でのスポーツも可能です。最大25人(子供と青年の両方、および大人)の制限があります。

一方、他のスポーツ施設(ホール、屋内スポーツ場など)の活動は、(以前と同様に)プロスポーツに限定されています。

すべてのイベントは、一般の人々の参加なしに行うことができます。とりわけ、閉鎖されています ジム、フィットネスクラブ、スイミングプール、サウナ、ソラリウム。規則の例外は規則に定められています。

スポーツダンスクラブ


屋内またはその他の閉鎖された空間で組織されたダンスのためのスペースを提供することからなる活動を行うことは禁じられています。スポーツダンスクラブは禁止から除外されています。

有効期限:2021年4月25日

オープンスペーストレーニングとスポーツ競技


国の規則:

競技アスリートは、口と鼻を覆うことを免除されます。

レクリエーションスポーツを実践する人々は、たとえば、森林、公園、緑地、植物園、歴史的庭園、家族農園、ビーチを走る場合を除いて、この義務を免除されません。

有効期限:2021年4月25日

競技会とスポーツイベント


スポーツ施設の活動はプロスポーツのみに限定されています。すべてのイベントは、一般の人々の参加なしに行うことができます。

有効期限:2021年4月18日

2021年4月19日以降。子供と青年は、関連するポーランドのスポーツ協会が実施するスポーツ競技会に参加することが可能になります。

また、屋外スポーツ施設でのスポーツも可能です。最大25人(子供と青年の両方、および大人)の制限があります。

一方、他のスポーツ施設(ホール、屋内スポーツ場など)の活動は、(以前と同様に)プロスポーツに限定されています。

すべてのイベントは、一般の人々の参加なしに行うことができます。とりわけ、閉鎖されています ジム、フィットネスクラブ、スイミングプール、サウナ、ソラリウム。規則の例外は規則に定められています。

国際スポーツイベントの参加者に対する検疫義務の免除


国の規則:

EU以外の人に対する検疫免除は、以下に適用されます。

  • プレイヤー、
  • トレーニングスタッフのメンバー、
  • 医師、理学療法士、
  • 判定、
  • 認定ジャーナリスト。

免除は、以下が主催する大会に参加する人々に適用されます。

  • オリンピックまたはパラリンピックスポーツ、または国際オリンピック委員会によって承認された別のスポーツで活動する国際スポーツ連盟
  • スポーツ連盟に属する大陸の範囲を持つ国際的なスポーツ組織
  • ポーランドのスポーツ協会。

ポーランドのスポーツ協会の代表チームの選手、トレーニングスタッフのメンバー、医師、理学療法士、および国際連盟が主催する競技会からポーランド共和国に戻るスポーツ裁判官は、検疫から解放されます。2月12日から、これらの人々も外国のグループから戻った後、検疫から解放されます。

検疫から解放された人々の完全なカタログは、規則に記載されています

重要!ポーランドの国境を越える人は、スポーツ大会の主催者が発行した手紙を国境警備隊に提示しなければなりません。また、特定のスポーツに精通しているポーランドのスポーツ協会によって認定された文書であり、スポーツ競技会の開催、開催日、参加の性質に関するデータが含まれている場合もあります。

オリンピック準備センターはアスリートに開放されています


競技者は、オリンピック準備センターで最も重要な国際イベントの準備をすることができます。(Spała、Wałcz、Zakopane、Cetniewo、Szczyrk、Giżycko)。

療養所、スパ、リハビリテーション

療養所とスパの活動は中断されており、すでに開始された滞在を完了する可能性があります。例外は、リハビリテーションの中止が患者の健康を著しく悪化させる可能性がある場合です。

有効期限:キャンセル

注意!スパ活動が再開されました。2021年3月15日から、SARS-CoV-2診断テストの陰性結果は、リハビリテーションセンターでの入院治療リハビリテーションの開始または治療と予防的滞在の条件になります。資料は、リハビリ滞在開始の4日前までに収集する必要があります。テストの費用を支払う必要はありません。

制限措置
最新情報をチェックしよう!